アートマネジメント実践講座Dコース(2010年度)・受講生による記事のご紹介④

早いもので『あいちトリエンナーレ2010』も残すところ3週間ほどに・・・。アートマネジメント実践講座の研修生のみなさんとは劇場でよく顔を合わせるようになりました。1つの作品を囲んで話したり、文章にすることって本当に魅力的だなって思います。

今回は9月4・5日に上演されたデルガド・フッシュの作品についてのレビューです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作品タイトル:『桃色のズボンと赤いヌバックの先の尖ったハイヒールをはいて、襟ぐりが緩んだセーターの上に着た空色のウールのロングコート』

会場名:愛知芸術文化センター小ホール 

アーティスト名:デルガド・フッシュ

<レビュー>

執筆者名:I.N.

男女二人組のダンスパフォーマンスです。まず男性が、次に女性が 何もない舞台に、紙袋を提げて、パンツ一枚の姿で現れます。二人はそれぞれ準備体操風の動きを始めますが、二人の動きに関 連性はなく、いつ始まったの?というさりげないスタートでした。パンツ一枚だったり、スーツ姿や素っ裸になったり、様々な場面で、同じ人の肉体から次々と繰り出される動きが、意味と無意味の 間を揺れ動きます。

女性が男性の手足の位置を決め、頬に手を当て、彼の唇をななめ上にひっぱって笑いを作り、男性の体の「動き」を決定すると、男性はその通りに動き出します。感情があるから動きがあるのではなく、動きがあるから感情があるように見えま した。身体の動きとは何かを根底から考えさせるパフォーマンスだなと思いました。

この動きは、こういう意味だろう・・・と意味を求めて観ようとすると、快く裏切られていく爽快感や滑稽さがありました。「くすっ」「ふふっ」と笑いながら、観客の皆さんは帰って行った様子で
した。

執筆者名:I.K.

 まず目をひかれたのは、その長いタイトルである。何度読み返しても、わかったようなわからないような、曖昧な不安感に襲われる。しかし、幕が開けると、すっかりデルガド・フッシュの世界に取り込まれてしまった。

 単調なリズムが流れる中、舞台は気だるい気配で始まっていく。ほとんど音楽らしい音や、ストーリーといったものが見当たらない中で、二人の肉体の完成度と見事な身体能力とに目を奪われていった。だが、驚くべきはそれだけではなかった。

 会場に向けてセリフを投げかけたり、ところどころに用意されたサプライズによって、彼らの非日常的な世界がドンドンこちらに迫ってきた。自分がストーリーにかかわっているような、不思議な気分になってくるのだ。ナディーンにもてあそばれるマルコ。マルコに振り回されるナディーン。クライマックスでは、会場は一体となって笑いの渦に巻き込まれていった。ラストを迎えるころには、現代を生きているということの意味を再認識させられた作品だった。

執筆者名:M.F.

 強い個性を想像していたデルガド・フッシュ。けれども、それとは裏腹に彼らはひっそりと登場した。何もないステージ。彼らの格好は、スポーツジムにでも行くようなスタイルだ。おもむろに上着を脱ぎはじめる二人。鍛え上げられた肉体は芸術そのもの。彼らの表現者としてのプライドがその肉体から発せられている。ゆっくりストレッチを始める二人。一通りのストレッチを終えたあと、マルコは白いシャツに黒いパンツと黒い革靴、フッシュはひとつに結わえていた髪をほどき、白いシャツと緑のホットパンツにミドル丈のスエードブーツに着替えた。

 彼らは手を取り合い、情熱のまま踊り始める。中盤、フッシュが彼をポップミュージックに合わせるような奇妙な動きに誘導していった。されるがままのマルコ。やがて彼らは何もかも脱ぎ捨て、肩を組み、お互いの手で局所をを隠しあい、ステップを踏んだ。その姿には思わず吹き出してしまった。本来、人前で裸になることはとても恥ずかしいこと。でも恥ずかしいと思うのは、自分が周りの目や、世間体を気にしているせいもあるのではないだろうか。公演の途中、フッシュが口を開いた場面があった。「マルコは、ブリュッセルの元ストリップダンサーだった。」恥ずかしいところだけど、それを笑いに変えてしまえる。大げさかもしれないけど、人生にも似たようなところがあるのかも知れない。悩んだりつまずいたりするけど、本当は滑稽で愛おしいものではないか・・・彼らにそう言われているような気がした作品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートマネジメント実践講座Dコース(2010年度)・受講生による記事のご紹介③

『あいちトリエンナーレ2010』のオープニングを飾った平田オリザさんと石黒浩さんの『ロボット版 森の奥』。前評判も非常に高く、公演期間中は95パーセント以上席が埋まった(!)と聞きました。すごいですね。

研修生には、公演直前の囲み取材(複数の記者でインタビューを行うもの)に参加していただき、記者と平田さんたちのやりとりを記事にまとめて頂きました。インタビュー記事は間もなく芸術文化センターのブログに掲載されると思いますが、それに先立ち研修生が初めての囲み取材でどんなところに苦労をしたかをヒアリングしましたので、ご紹介します。

+++++++++++++++++++

<インタビューを通して気づいたこと>

取材日時:2010819日(木)1430

会場名:愛知県立芸術文化センター 小ホールロビー

アーティスト名:平田オリザ+石黒浩研究室(大阪大学)

作品タイトル:『ロボット版 森の奥』

執筆者名:T.Y.

・インタビュー全体から、自分が抜粋する部分によって、内容ががらりと変わってしまうこと。

・微妙なニュアンで印象が変わること。(相手が自身を表現するときに「私」と「僕」とどちらを遣っていたかなど)

・文章として組み立てる上での、質問順の変更や質問や答えで内容が似たものをくっつけて文章を作成することは、どの程度のことまで許されるのか。

・文章を作成することにより、個人的な感情や感銘を受けた言葉がメインになることが、必ずしも読者が求めている情報ではないこと。

+++++++++++++++++++

初めてのインタビュー記事でしたが、ボリュームある文章を書きあげていただきました。

ご苦労されたのは、伝えたいことがたくさんある中でどこを伝えるべきなのか

読んでもらう文章として、話された内容をどう整理するのか、自分が感銘を受けたことと、情報として伝えるべき内容のバランスなどのようでした。

こちらのブログでは、こうした研修生が活動中にたどるプロセスについてもご紹介していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートマネジメント実践講座Dコース(2010年度)・受講生による記事のご紹介②

今週末2010年8月26日(土)・27日(日)に開催される野村誠さんのパフォーマンスについてのプレビューです。

書き手の温かな視点が作家に向けられていて、観客にも素直に伝えようとする姿勢が感じられるプレビューだと思います。

++++++++++++++++++++

作品タイトル『プールの音楽会』野村誠<プレビュー>

公演日:2010年8月28() 1130~/1530

会場名:名古屋市立冨士中学校プール

アーティスト名:野村誠

執筆者名:M.F.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 音楽とは、音を楽しむこと。その楽しさを惜しみなく教えてくれる作曲家兼鍵盤ハーモニカ奏者兼ピアニスト野村誠さんのパフォーマンス。

 野村誠さんは、レジ袋やペットボトル、石や空き瓶までも楽器にしてしまうことで有名です。『第4回福岡アジア美術トリエンナーレ2009』での、湯や風呂おけを楽器として演奏した「お湯の音楽会」に引き続き、今回は、会場をプールにうつし、水の音を用いた演奏が繰り広げられます。世界初演です。

 プールという開放感にあふれた場所でのパフォーマンスは、即興演奏の良さである、のびのびと表現することや、「やってみなくちゃわからない!」という楽しさに加え、どんな表現をしても大丈夫という安心感までも、普段ためらいがちな私達に与えてくれることでしょう。

 野村誠さんの想像力と感受性によって、作り出される新しいサウンド。水をたたいて出す音が、子どもの頃に夢中になってはしゃいだ夏の記憶を呼び覚ましてくれそうです。バシャバシャ、ザブザブ…水の音の魅力に、あなたもワクワクしてみませんか。(本文427文字)

■野村誠パフォーマンス詳細:http://aichitriennale.jp/news/post-329.html

□野村誠アーティストファイル:http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/akoto-nomura.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートマネジメント実践講座Dコース(2010年度)・受講生による記事のご紹介①

ATLでは愛知芸術文化センター主催の『アートマネジメント実践講座Dコース・広報体験』のサポートをしています。今年は『あいちトリエンナーレ2010』が開催されていますが(2010年8月22日~)、講座Dコースでは、トリエンナーレの「パフォーミング・アーツ」に関するプレビュー、レビュー、インタビュー記事などを研修生のみなさんにご執筆いただいています。記事の執筆という体験の中から、アートマネジメントの流れが学べる内容をめざしています。

研修生の記事は、愛知文化情報センターの「舞台裏ブログ」に掲載されますが、すべての記事を掲載することが出来ません(1つの作品について複数の記事が書かれるためです)。そこで、文化情報センターのブログに掲載されていない研修生の記事について(同意の得られたもの)はこちらのブログでご紹介していきたいと思います。「自分の想いを言葉にする」ことは、アートマネジメントの領域でも大切なことではないでしょうか?マネージャーの仕事は、人を動かし、出来事を創造ていく仕事。求められるのは、どれだけ人を動かせるオリジナルな言葉を持てるかだと思います。ATLでのサポートが未来のアートマネージャーの育成に少しでも貢献出来るとうれしいなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作品タイトル:ロボット版『森の奥』

会場名:愛知芸術文化センター小ホール 

アーティスト名:平田オリザ+石黒浩

<レビュー>

執筆者名:I.K.さん

人間とロボットが同じ意識を持った「人」として、ごく自然に語り合い、行動している近未来のストーリーです。

舞台は中央アフリカ・コンゴの類人猿研究所。ボノボの飼育観察や実験を通して、人類発生のメカニズムを研究しています。そこに一人の新人が入所するところから話が始まっていきます。

ストーリーは一貫して生物学、哲学議論で占められます。しかし自然な日常会話と、時折見られる各々の複雑な心理描写が、観る者を最後まで飽きさせません。

舞台を中央に設定し、客席を二手に分かれさせることによって、舞台との距離感が縮まり、臨場感が高められたように思います。

また、正面がどちらでもないという舞台設定も興味深いと感じました。

(406文字)

<プレビュー>

執筆者名:M.T.さん

「あいちトリエンナーレ」見所のひとつは、先鋭的なパフォーミング・アーツの上演です。8月21日〜8月24日の4日間は、主演が6人の人間と2体のロボット、ロボットが人間と共に演じるというユニークな演劇が上演されます。脚本・演出は演劇界の旗手・平田オリザ氏、ロボットの技術指導を担当したのはロボット研究の第一人者、石黒浩氏です。

このプロジェクトは、大阪大学で「ロボット演劇プロジェクト」として進められているもので、一昨年には20分程の短編『働く私』を上演し、注目を集めました。今回いよいよ本格的な演劇として『森の奥』が世界初演を迎えます。

作品の舞台は、類人猿「ボノボ」を飼育する研究室、そこではサルと人間の違いを研究するため、ロボットと人間が共に働いています。ロボットと人間が会話を交わし、共生する世界、私たちが体験したことのない未知の世界が「演劇」と「科学」のコラボレーションにより、舞台上に出現します。

(本文400文字)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ロボット版『森の奥』

http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/oriza-hirata-ishiguro-laboratory-osaka-university.html

■舞台裏ブログ

http://blog.aac.pref.aichi.jp/aac/2010/08/000350.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19回レビュアーのためのワークショップ募集のご案内

第19回のレビュアーのためのワークショップは「ウィルあいちフェスタ2010」に参加する形で開催します。

今年で3度目の参加となるウィルあいちフェスタ。
審査を通過するという責任感・・・プレッシャーに負けず楽しい内容にしていきたいと思いますので(笑)、
どうぞ遊びにいらして下さいね。

++++++++++++++++++++++++++++++++

日時:2010年11月13日(土) 13:30-16:00

場所:ウィルあいち 3階会議室3

*交通アクセス:http://will-aichi.c-3.jp/map.html

タイトル:想いを言葉にしたい人のワークショップ vol.3 -クリスマスを待ちわびて-
      @ウィルあいちフェスタ2010

ねらい:「プレゼントをつくる、贈る、受け取る」ということを通して、それぞれの自分の想いについて見つめてみます。想いを言葉にすることは、新たな可能性を手に入れることでもあります。ワークショップが開催される翌月はクリスマス・・・ちょっぴり早いクリスマス気分を楽しみながら、「想いと言葉」にふれるひとときをお過ごし下さい。

内容:アートワークとお話

*途中退場はご遠慮下さいませ。

参加費:700円

お申し込み:artliteracy03☆yahoo.co.jp ☆を@に変更して下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«第16回レビュアーのためのワークショップ終了レポート